夏の避暑地旅行 ランキング

夏の避暑地旅行 ランキング



今年の夏はいつもの夏とはちがう夏。。。
エコでクールな夏を日本の避暑地で家族であるいは友人とそれともカップルで過ごしませんか。

日本の夏の避暑地ランキングはあくまでも人気の避暑地ですが、日本にはまだまだ多くの素晴らしい自然の涼しい場所があります、そんな涼しい場所避暑地も紹介しますね☆







今年の夏は、原子力発電所の停止などにより電気の量が少なくなり計画停電の実施などもあり、わたしたち庶民も日本全国的に節電志向になりつつあり様々な方向で避暑対策を立てています。

中には家族全員で自宅を離れ、旅行することで都市地帯の節電効果につなげようとする方々もいます。




そんななか、今年の夏の行楽は暑さを忘れることが出来る、避暑地といえる場所に人気が集まっています。

夏の節電対策で休暇を拡大したり、分散化したりする企業が増加することから、ゆったりと普段の疲れを取ることが出来る場所である避暑地に注目が集まっています。

避暑地は5℃~10℃低い


避暑地の気温は都市部に比べて約5℃から10℃くらい低いので、都市部ほどクーラーとかの電力が必要がありません。そのため、広い目に見れば節電効果も期待できるともいわれています。
でも、避暑地人気の最大の秘訣は、避暑地だから体験できるヒーリングや休養の効果でしょう。



避暑地の多くは高原や自然に囲まれた場所が多いのですが、そこでの森林浴はリラックス効果だけでなく、身体の免疫機能をアップさせてくれるとも言われています。

また、避暑地のそばには温泉郷があることが多いので、都市での日常に疲れた身体を森林浴と温泉で癒して、まったりとした時間を過ごすことが出来、また休暇後の日常を万全の体力で戻る…なんてこともできます。

さらに避暑地と呼ばれる場所の多くは、美術館や博物館、遊園地などのアクティビティに富んだ施設が集まっていますので、家族旅行で訪れた子供にも飽きさせない、それどころか貴重な体験をさせる事が出来ます。

もちろん、海や山、湖などの自然の中を散策するだけでも子供にとっては大きな体験となるでしょう。

高原では牧場や農園を持ってる方々が、サービスで現地の食べ物や飲み物を直売で売っているので、添加物のない自然の味を体感することも出来ます。
また、シニアの夫婦の方にも無理のないよう山道や林道もしっかり整備されているところが多いので、初心者向けのトレッキングや散策をするのには避暑地の環境はもってこいといえるでしょう。

豊かな森の空気を吸いながら、新緑のなかを歩くのは健康的にもとてもいいと思われます。
また、有名な避暑地には過去の偉人も避暑に利用していた経歴があるだけあって、その偉人ゆかりの史跡や古刹があったりしますので、こちらを見に行くのも楽しみの一つと言えるでしょう。

どの世代も飽きさせない環境が揃っているのも避暑地ならではの魅力と言えますね。